『このラノ』大賞に向けて

2010年11月03日

第2回「このラノ大賞」応募に向けてのアドバイス(第4回)

『このラノ』編集部のSです。

今日も今日とてブログ更新。
本日はここのところ火曜日恒例となっております、
『第2回「このラノ大賞」応募に向けてのアドバイス』の日であります。
第4回めの今日は、ここまで割と抽象的な話が続いていたので、
ここらで1つ、具体的なアドバイスをしておきたいと思います。


といっても、「どうすれば上手い文章が書けるのか?」みたいな、
技術的な話をするつもりはありません。
私は編集者ですが、文章の専門家、日本語の専門家というわけではありません。
目の前に具体的な原稿があれば、ここをこうすればもっとよくなる、
というアドバイスができますが、
何もないところから万人に向けて「指導」するのは、私の手にはちょっと余ります。
言えるのはせいぜい「たくさん読んでたくさん書け」くらいです。
もっと具体的な話は、すでに世の中に出回っている
指南本などにお任せしたいと思います。
期待していた人はごめんなさい。

 

では、一体どんなアドバイスをしてくれるつもりやねん、ということですが、
実のところ私の言っておきたいことというのはただ1つです。
それは「応募要項を守ってください」ということです。


「そんなの当たり前やんけ」と思っている方。
みんながみんな、そうであればこちらとしても非常に楽なのですが(笑)、
残念ながら送られてくる原稿を見る限り、そういう方ばかりというわけではありません。
枚数が不足&超過しているなんていうのはまだ可愛いほう。
原稿以外のものを入れるなと書いているのに、設定資料なんかをつけてくる。
ダブルクリップで綴じて下さいと書いているのに、紐で綴じてくる。
感熱紙はダメと書いているのに、感熱紙で応募してくる。
これすべて、応募規定外により問答無用で選考対象外になります。
原稿を紐で綴じたばかりに、渾身の力を込めて執筆した一作が、
読まれることすらなく落選してしまうわけです。

就職活動をしたことがある人は、1字の間違いもないように、
真剣に履歴書を書いた覚えがあるかと思います。
新人賞への応募もそれと同じです。
あえて上から目線で書きますが、我々は「選考する側」、応募者は「選考してもらう側」です。
どんなささいなキズを理由に落とされても、応募者は文句を言えません。
そうならないように、細心の注意を払って応募書類を作るのは、
ある意味当然のことなのではないかと思います。

 

どうしてそこまで厳しいのか。
小説の賞なんだから、中身が面白ければ別にいいじゃないか。
そう思う人もいるかもしれません。
それが一面の真実であることは否定しませんが、
我々編集者の側からすると、それだけでは足りない、ということになります。

我々は選考の際、作品の中身と同じ、あるいはそれ以上に、
書いている人の人柄というのを考えます。
なぜならその作品を選考通過させ、本として出すことになった暁には、
書いている本人と実際に会い、対話しながら
作品を本の形にしていかなければならないからです。
そして2作、3作と続いていくなら、その関係がずっと続くことになります。
我々は編集者であり、カウンセラーではありません。
小説の中身をよくしていくことはできても、相手の心持を変えることはできません。
もちろん最初からものすごく面白い作品が書けるなら話は別ですが、
そんな天才にはそうそうめぐり合えない。
それなりに面白い作品を書ける人が2人いれば、
性格のよさそうなほうを選ぶのは当然の流れです。


だからこそ我々は、原稿を通じて書き手の人物像を想像します。
応募規定が守られていない原稿を見ると、
「ああ、この人はこちらの書いたものをちゃんと読んでくれないんだな」
と判断するわけです(それが真実かどうかは別にして)。

 

思っていたより長くなったので、この話は次回に続きます。
来週をお楽しみに。

http://konorano.jp/
http://award2010.konorano.jp/
http://twitter.com/konorano_jp



konorano at 00:07|PermalinkTrackBack(0)

2010年10月26日

第2回「このラノ大賞」応募に向けてのアドバイス(第3回)

『このラノ』編集部のSです。

本日は連載企画、
『第2回「このラノ大賞」応募に向けてのアドバイス』
の日でございます。
第3回の本日は、前回の締めを受け、
「『このラノ大賞』に送るべき作品」とは、一体どういうものなのか?
という点についてお話ししたいと思います。


まず「このラノ大賞」は、その名が示すように、ライトノベルの新人賞です。
なので基本的には、現状刊行されているライトノベルに混じって
違和感のない作品、ということになります。
かといって、今世に出回っている作品の傾向を忠実になぞるのであれば、
それはただの二番煎じです。
これから世に出て行く新人作家に期待するのは、
新たな時代、価値観を切り開いていく新鮮なパワーです。

以上を踏まえると、「このラノ大賞」が求めるのは、
「ライトノベルとして刊行されても違和感がなく、
かつ新しさを感じさせる作品、作風」
ということになります。
これはある意味、条件として矛盾しています。
「ライトノベルとして刊行されても違和感がない作品」
というのを突き詰めれば、上にも書いた「二番煎じ」になりますし、
「新しさ」だけを追及していけば、いつしか
ただ新しいだけの、独りよがりな作品になりかねません。


大切なのは、その両者をうまく合わせる「バランス感覚」です。
定番のアイデアでも、使い方を変えたり、
ちょっとしたスパイスを加えたりすることで、
意外な新鮮さを出すことができるかもしれません。
また逆に、一見ライトノベルに合いそうにないテーマでも、
書き方次第で若い読者に届く作品に仕上げることもできると思います。

そういう作品を書くためには、普段からあらゆる物事に対して、
アンテナを張り巡らせていることが大切です。
ライトノベルだけ、小説だけを読んでいたのでは、
作品の方向性はどうしても狭まります。
マンガや、映画を見るのもいい。外を出歩いてみるのもいい。
あるいはじっくりと腰を落ち着けて、ひとつの物事に対して、
真剣に考えたりするのもいいかもしれません。
そうして得たものを、いかにライトノベルの型に落とし込むか。
そんなふうに考えることができるようになれば、
受賞への道が一歩縮まったと言えます。


今はまだ、アマチュアである皆さんは、
1日の生活のすべてを小説に注ぎ込むのは難しいと思います。
ですが、その代わりと言ってはなんですが、作家になりたいのであれば、
常に頭の片隅に小説のことを置いて置いてください。
音楽や絵画、あるいは普段何気なく眺めているものにまで、
創作のヒントは眠っています。

 

第1回から今回まで、わりと抽象的な話が続いてきましたが、
次回はぐっと具体的なアドバイスをしてみたいと思います。
それではまた来週。

http://konorano.jp/
http://award2010.konorano.jp/
http://twitter.com/konorano_jp



konorano at 23:40|PermalinkTrackBack(0)

2010年10月20日

第2回「このラノ大賞」応募に向けてのアドバイス(第2回)

『このラノ』編集部のSです。

毎週火曜日に連載すると言っておったのにいきなり遅れるとは何事だ、
というどこかからのお叱りの言葉に、
「家に帰るまでがその日です(キリッ」と答えることで返したい今日この頃。(すいません……)
楽しみにしてくださっている方(いるのか?)には大変申し訳ありませんが、
その分内容はしっかり書いていきたいと思いますので、
今後も生暖かい目で見守っていただければと思います。



さて、気を取り直して
第2回「このラノ大賞」応募に向けてのアドバイス(第2回)を。(紛らわしい……)

前回の内容は「とりあえず自分の好きなものを書け」という話でした。
そのほうが概しておもしろいものができますよ、という話ですね。
といっても、好きなものを書き、それが実際おもしろかったからといって、
必ずしも選考を通過するかというと、そうとは言い切れません。
実際我々選考する側も「すごくおもしろいんだけど……」と思いつつ
泣く泣く落とす、ということがしばしばあります。
その最たる原因が「この賞には合っていない」というもの、
いわゆる「カテゴリーエラー」という奴です。


たとえば、児童文学の賞にバリバリバイオレンスな小説を送ったとしたら、
それがどんなにおもしろい作品であっても(多分)賞を獲ることはないでしょう。
上の例は極端としても、賞にはどうしても受賞する作品の傾向――
言い換えれば、その賞が求めている作品の傾向、というものがあります。
「このラノ大賞」は比較的おもしろければ何でもOK、というスタンスですが、
それでも募集要項に
「10代の読み手を意識した、オリジナリティあふれる勢いある作品」
と書いている以上、
あまりにもそこから外れた作品は、どうしても選考を通すのをためらってしまいます。


「おもしろいけど、うちの賞ではちょっと……」という作品は、
正直なところ選考する側としても非常に「もったいないなあ」と感じます。
うちでなければ、あの賞であれば受賞できただろうに。
そういう残念さを覚えると共に、「応募者はなぜ、うちに応募してきたのだろうか?」
という、疑問を感じたりもします。


そこで応募する前に、皆さんには改めて考えてほしいのです。
あなたが書いている作品は、本当に「このラノ大賞」に送るべき作品なのか?
そうだ、と思うのであれば、迷うことはありません、
存分に思いの丈を原稿にぶつけてください。
ただそこで、「ちょっと違うかも」と感じたのであれば、
もっとほかに送るべき賞がないかどうか、確認してみてください。

それは受賞作の傾向を分析したり、選考委員の好みを狙ってみたりするような、
いわゆる「傾向と対策」とはまったく違います。
自分の作風に合った賞を見つけ出せるということは、
自分の作風に対して最低限の客観視ができるということです。
自分の作品を、自分で客観的に見ることができるということ。
それは、作家を続けていく上で必ず役に立ちます。

 

ところでここで
「『このラノ大賞』に送るべき作品」とは、一体どういうものなのか?
と疑問に思う方がいるかもしれません。
これについては、非常に難しい問題になってくるので、
次回の更新で改めて書いてみたいと思います。
お楽しみに。

http://konorano.jp/
http://award2010.konorano.jp/
http://twitter.com/konorano_jp



konorano at 01:08|PermalinkTrackBack(0)

2010年10月12日

第2回「このラノ大賞」応募に向けてのアドバイス(第1回)

『このラノ』編集部のSです。

今日は先週予告したとおり、第2回「このラノ大賞」の応募を目指す人に向けて、
いろいろ注意点などを書いていこうと思います。
おそらく一度の更新では書ききれないと思いますので、
毎週火曜日、テーマごとに少しずつ書いていく予定です。
いつまで続くかはわかりませんが、興味のある方はお付き合いいただければと思います。


……と、その前にひとつだけお断りを。
ついさっき私は「第2回『このラノ大賞』の応募を目指す人に向けて」と書きましたが、
正確には「これから新人賞に応募し、作家を目指すすべての人」に向けて
書いていくつもりです。
要は「このラノ大賞」限定での傾向と対策みたいなものはないよ、ということです。
また、これから書くことは私個人の意見であり、編集部の総意というわけでもありません。
(なぜそういう書き方をするのか、という理由は、連載の最終回で書きます)

多分これから書くことの中には、世に出回っている小説指南本などにも
書かれていることが多々含まれることと思います。
そんなわけで、読んだけどあんまり役にたたねーな、と思う人もいるかもしれませんが、
そこはそれ、役に立てるも立てないも読む方次第です。
そういう見方をしてるのか、くらいの気持ちで読んでいただければ幸いです。

 

さて、第1回となる本日は、これから作品を書くにあたっての、
根本的な問題について書いてみたいと思います。
つまり「どんな作品を書けばいいのか」ということです。

……まあ正直、そんなところで悩んでる時点でどうなのよ、と思わなくもないのですが、
書くにあたって賞の傾向などを考える方もいると思いますし、ここで私の考えを書いておくと、
基本的には好きなものを書けばいいと思います。

というのも、自分の好きなものを、自分の思ったとおりに書いた作品というのは、
やっぱり読んでいて「熱」を感じるんですよね。
なんというか、読んでいて迫ってくるものがある。
選考する側としてはやっぱり、そういう原石の輝き、みたいなものを
これから出てくる新人に期待するところがありますし、
それを磨いて、世の中に向けて送り出したい! と思わせるもの、
世の中に送り出すに足る輝きを持つものを、
編集者として求めているという部分もあります。


もちろん、まったく好きでもないものを書いて送ってくる人はいないでしょうし、
作品には多かれ少なかれ書き手の好みが反映されているとは思いますが、
自分の「好き」に正直になるよりも前に、妙に技巧に走ったり、
流行を意識したような作品は、読んでいてあまり熱が感じられません。
ときどき「この人は本当にこの話が書きたかったのかな?」と感じる作品があったりして、
そういう作品はやっぱりなかなか「世に送り出したい!」とは感じないものです。

 

これから応募原稿を書こうとしている方々へ。
まず「自分は何が好きなのか?」「何が書きたいのか?」ということ、
「自分は本当にその作品が書きたいのか?」ということを、
改めて見つめなおしてください。
その結果、好きなもの、書きたいものが流行と被ったのであれば、
それはそれで全然かまいません。
堂々とその気持ちを、原稿にぶつけてください。
それが本当に好きなものであれば、それは単に流行に乗っただけのものとは違う、
あなただけの作品、作風になるはずです。

今の世の中、たくさんの作品があふれていて、
自分の中で「これが好きだ」というのを定めるのは、
それだけで大変なことだと思います。
だからこそ、その中でしっかりと「これが好き」というのを定めることができれば、
それが選考する人間の目に留まる原動力に、ひいては作家になったときに、
あなたを支える柱になると思います。

 

次回は好きなものを書くところから、さらに1歩進んだ先の話を書きたいと思います。
お楽しみに。


http://konorano.jp/
http://award2010.konorano.jp/
http://twitter.com/konorano_jp



konorano at 22:57|PermalinkTrackBack(0)