2017年12月08日

時は天文年間。戦国乱世を生きる。『織田家の長男に生まれました』

第5回ネット小説大賞の受賞作
織田家の長男に生まれました
著:大沼田伊勢彦/イラスト:平沢下戸

12月9日(土)発売です。 

第5回ネット小説大賞 特設ページ

odake_cv




























odake_obi










自分が転生者だと知り、現代の知識を思い出した男は、信長の庶兄・織田信広だった。現代の常識が通用しない乱世で生き延びるため、彼は目立たないように、かつ用意周到に成果を伸ばしていきます。

舞台となるのは、戦国時代の天文年間
1巻では1530~40年代が舞台となります。
その頃、吉法師(信長)はまだ子供。活躍するのはその父である信秀です。その長男として安祥城を任された信広は、隣国三河から攻めてくる松平氏との戦いに挑んでいきます。そして、竹千代(家康)の父・松平広忠との因縁が始まるのです。

舞台となる尾張は現在の愛知県あたり。
名古屋や安城、岡崎など、作中に出てくる地名は現代にも受け継がれています。

カバーイラストで注目してほしいのは背景に映っているお城。いま思い浮かべるような「城」とは違い、この頃は「屋敷」と言ったほうがしっくりくるくらいの造りだったんですね。織田信秀の居城「古渡城」は外見の史料が残っていないため、「岐阜城」を参考にしてもらいました。

この他、史実を参考にしつつ、物語は形作られています。

odake_kakei














↑家系図はこんな感じ(クリックで拡大)

さて、この大名たちにはこの先どんな運命が待っているのか。すこしずつずれていく歴史を観測できるのは、読者のあなたたち! 某Web百科事典には載っていないような人物たちがどんどん出てくる、まだ見ぬ戦国乱世がここにあります。

Web版にはない、吉法師視点の番外編「吉法師の野望」も収録。
うつけに見える吉法師の腹の裡を覗けます。


↓↓↓好評発売中!↓↓↓
----------------------------------------------------------- 
織田家の長男に生まれました
大沼田 伊勢彦
宝島社
2017-12-09


----------------------------------------------------------- 

http://www.cg-con.com/novel/5_index.html(第5回ネット小説大賞)

https://twitter.com/konorano_jp(このラノツイッター)




konorano at 17:00│ 新刊カバー先行公開!