2013年09月30日

このラノ大賞受賞作内容紹介その2!『セクステット』編

今回は第4回『このライトノベルがすごい!』大賞で大賞に輝いた
セクステット 白凪学園演劇部の過剰な日常』(著:長谷川 也/イラスト:皆村春樹)をご紹介。

まずはストーリー紹介から
【あらすじ】
地味で弱そうで友達の少ない少年・カキタニは、自分を変えるべく、進学を機に演劇部に入部する。だが、彼が入部した演劇部は、人間関係を有利に支配し、世の中をうまく渡っていくために『演技』を活用しようとする女生徒たちの集まりだった! 第4回『このライトノベルがすごい!』大賞・大賞受賞作は、演劇部の部室で日々展開される無軌道かつハイテンションなハイパー日常系コメディ。美少女だけど、どこか変わっている5人の先輩たちと一緒に、人生の勝ち組を目指せ!

とにかく切れ味鋭いギャグ&コメディが持ち味!軽快で爽快な言葉のキャッチボールが繰り広げられます!
キーワードは『演技』
人は誰しも裏表があるもの。その裏表を使い分けて世を渡ろうと目論む、中学生たちのお話です。

続きまして
【キャラクター紹介】
桃崎麻奈実(ももさき・まなみ)
sextet4
表紙はこの娘。通称「モモ先輩」。温和で優しく、明るく社交的な二年生女子。
主人公カキタニくんの憧れのセンパイです。

笹峰鈴女(ささみね・すずめ)
sextet5
髪型からズバリ「縦ロール先輩」。強気で高飛車だけど、 小柄で可愛い二年生女子。

椿野橙子(つばきの・とうこ)
sextet2
 「ツバキ先輩」はスポーティーで男勝りな、サバサバした性格の二年生女子。

 安東亜昼(あんどう・あひる)
sextet1
演劇部部長の「アヒルさん」。エキセントリックな行動で有名な二年生女子。

 ニーナ・ニコライブナ・ニキーチナ
sextet3
ロシア系美少女「ニーナさん」。人形みたいに整った容姿で無自覚に男を魅了する二年生女子。

お気づきですね?そう、ヒロインズは全員先輩美少女
さて、 こんな美少女たちに囲まれて紅一点ならぬ黒一点にして、唯一の後輩となったカキタニくん。
閉ざされた演劇部の部室で、彼らはどんな会話を、”演劇”を、繰り広げるのか!?
sextet7
先輩の可憐な口に…
sextet8
あれは…天使!?

続きは本編を買って確かめよう!
それでは10月新刊の『セクステット 白凪学園演劇部の過剰な日常』よろしくお願いします! 

↓↓↓予約受付中!↓↓↓
-----------------------------------------------------------

 
-----------------------------------------------------------
http://konorano.jp/bunko(このラノ文庫公式)
http://konorano.jp/(このラノ大賞公式)
https://twitter.com/konorano_jp(このラノツイッター) 


konorano at 21:12│TrackBack(< $ArticlePingCount$>) お知らせ | < $ArticleCategory2$>

トラックバックURL