2010年03月03日

『このラノ』大賞 あらすじ&評価コメントについて

どうも初めまして、編集部のUです。

怒涛のような1次選考とあらすじ&評価コメUPも終わり、ようやく編集部に平穏が訪れ、
ほっとしております。そんなこんなでようやくブログも始めることができました(汗)

さてさて。
気持ちも落ち着いたところであらすじ&評価コメントを発表した経緯などをひとつ。

ご存知の方も多いと思いますが、
この賞の母体は『このライトノベルがすごい!』というライトノベルのブックガイドです。
あの、年末に「このラノ第●位」とか各レーベルさんの帯でも出していただいている
ランキングとかが載ってる本です。(「とか」が大事! ランキングだけじゃないですよ!)

この本、実際に投票が始まってみないと、どのラノベがトップになるかわかりません。
編集しているぼくらですら、びっくりする結果になることもよくあります。ぶっちゃけランキング集計されていく過程と結果が出た瞬間が一番、楽しい時間でもあります(笑)

ただ、残念なのが、その時間を読者の方と共有できないこと。
まあ、それは本という媒体である以上、仕方ないですよね。

で、この『このラノ』大賞を始めるにあたり、大事にしたいなと思っているのがその「ライブ感」。
HPで単に名前やタイトルを公表するだけじゃなく、ちょっとしたあらすじとかその評価コメントを掲載することで、どんな作品が大賞に決まっていくか、という過程も一緒に楽しんでもらえればな、と。正直、やってるぼくらも、現段階ではどれが大賞とるのか、予想もついてませんから(汗) 正直、ドキドキしてます。

なので、1次選考を見事通過した方はもちろん、残念だった方やこれから応募しようと思っている方、さらにはどんな作品が500万円もらえるの?と思っている方、いろんな方に見てもらって、盛り上がってもらえれば、と思っています。

ん? 誰ですか? 「『このミステリーがすごい!』大賞がやってるからそれにならっただけだろ!」とか言ってる空気読めない人は。もちろんウチの姉妹大賞である『このミス大賞』の方式は参考にさせてもらっていますが、まるっきり同じじゃないですよ! 

となりで編集Tが疑わしそうな目で見ているので、あとでしめときますね。

ではでは。


http://konorano.jp/


konorano at 15:05│TrackBack(< $ArticlePingCount$>)

トラックバックURL